誰でもわかる不動産取得税

>

自宅用土地購入時の「不動産取得税」の控除額とは?

自宅用の土地購入の「不動産取得税」算出

土地の「不動産取得税」=「固定資産評価額の1/2」×「税率3%」-「控除額」です。
この控除額の計算が少し複雑で、以下のうち多い方の金額となります。
1、45,000円
2、「土地1平方メートル当たりの価格の1/2」×「住宅の床面積の2倍」×「税率3%」
住宅の床面積の2倍は200平方メートルが限度です。
この2はわかりにくいので、例として150平方メートルの土地の評価額が3,000万円で、130平方メートルの住宅を建てた場合の計算を見ていきましょう。
土地1平方メートルの価値は3,000万÷150=20万で、住宅の床面積の2倍は260で200以上になってしますので、200を適用します。
よって計算式は20万の1/2×200×3%=60万となります。
1より多いので、控除額には60万が適用です。
「不当産取得税」の計算式に当てはめると答えはマイナスになるので、この場合は税金はかからないという結果になります。

土地の「不動産取得税」補足

ここまで、自宅用の土地購入時の税額算出方法を見てきました。
自宅用の土地として、控除が認められるには条件があります。
新築の建売など同時購入の場合は問題ありませんが、土地と建物を別々に購入する場合は期間に注意が必要です。
具体的な条件はそれぞれ以下のようになります。
その土地購入後、3年以内に住宅を新築していること。
住宅を新築した本人がその後1年以内にその土地を購入していること。
中古の住宅が建っている土地だけ先に購入した場合は、住宅をその後1年以内に購入していること。
中古の住宅だけ先に購入した場合は、土地をその後1年以内に購入していること。
また、住宅自体が床面積が50から240平方メートルかや、中古物件であれば築年数などで控除の対象かどうかも関係してきます。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑